HOME > Catalog > Coding


アクセサリー

リストマークCoding/Adaptation

車に搭載されているコントローラー(コンピューター)は、その車の仕様(ハンドル位置、使用國、エンジンの種類など)に合わせて様々な設定ができるように作られています。これに用いられるのが、2進法、10進法、16進法などで表される「code(数字、記号)」です。この「code」を変更して、本来の設定に変更を加えることを「Coding(コーディング)」と呼んでいます。
よく知られているコーディングとしては、DRL=Daytime Running Light(デイライト)や、ニードルスイープ、レインライトセンサーの設定などがあります。
Adaptation(アダプテーション)とは、本来「適合=環境に適した状態にする」という意味の言葉ですが、自動車診断システム用語としては、「(Codingよりも)さらに詳細な設定」というような意味で用いられます。最新車種(MQBモデルなど)では、これまでコーディングで変更していた内容が、アダプテーションチャンネルから設定するようになりました。

コーディング作業 1項目につき

本体価格(税抜き) 2,000円
適合車種

フォルクスワーゲン / アウディ全車

設定可能項目については、車両情報(モデル、年式、グレード)と合わせてお問い合わせください

お問合せ


リストマークVIM : Video In Motion(TVキャンセル)

VW Discover Pro、Audi MMI2G/3G/3GPlus などの純正ナビゲーションシステムは、CAN busシステムを通じて他の車載コントローラーと一つの通信ネットワークを形成しています。(それ以前の純正ナビや社外ナビなどは、それ自体が独立して機能している「Stand-alone(スタンドアロン)」タイプです。)そのため、これらのナビゲーションシステムはVCDSなどの診断ツールを用いて設定を変更することが可能となっています。
TV画像は、本来、車速が15km/hになるとシャットダウンされる設定になっていますが、このTV視聴可能速度域をを設定しなおして、何km/hで走行していてもTVが見られるようにすることを、VIM=Video In Motion(走行中のTV映像)と呼んでいます。

VIM設定作業

本体価格(税抜き) 4,500円
適合車種

Discover Pro / MMI 2G / MMI3G / MMI3G plus 搭載車

◆以下の車両で設定可能です◆ 
  • VW ゴルフ7
  • VW パサート (3G)
  • Audi A1 / S1
  • Audi A3 / S3 / RS3 (8V)
  • Audi A4 / S4 / RS4 / A4 allroad (8K / 8W)
  • Audi A5 / S5 / RS5
  • Audi A6 / S6 / RS6 / A6 allroad / A7 / S7 / RS7 (4F / 4G)
  • Audi A8 / S8 (4E / 4H)
  • Audi Q5 / SQ5 (8R)
  • Audi Q7 (4M)
  • Audi TT / TTS (8S)
お問合せ
TOPへ戻る